ホーム > 生活 > 強引な取りたてはどこまで許されるのか

強引な取りたてはどこまで許されるのか

新聞の宣伝チラシ、電柱に張り付けられた広告やDMなどで「債務の効率化任せなさい」「多重借金を集約しましょう」というような宣伝を目に入れることが多いです。

これらは、「整理人」「買取業者」「紹介屋」という名の悪徳会社の広告のときもあるのです。

このようなものを使用した場合では破産申立の中で一番重要な免責許可を手に入れられなくなる危険があります。

「整頓人」では、借金を抱える人は引き寄せ高額の料金をもらって債務整頓をしますけれど本当は債務整理は行われないで、債務者はより一層の債務地獄にはまってしまうときがほとんどと言えます。

「買取屋」とは債務人の借金で、デジタル用品、旅行の券などを限界まで買い入れさせて債務人から買った品を売値の10%や40%で受け取るというやり口をとっています。

債務人はキャッシュが得られますが、そのうちクレジット企業によって商品の督促がくることになり、実際は債務額をアップさせる結末で終わります。

この場合、カード業者への詐欺行為ということになり免責許諾を手に入れられなくなります。

「紹介者」は、大企業の貸金業者から借りられなくなった債務人へダイレクトな資金提供はしないで、提供をしてくれる別な店を知らせ、高すぎる依頼料を請求するグループです。

紹介屋は自らの手続きで貸出可能となったというようにしゃべりますが、実際は何もしないまま、ただ審議のゆるめの会社を伝えているだけなのです。

この場合だと実際は負債額を増やす結果となります。

関連記事

  1. 石垣島での不動産の相談はどうしたらいい?

    自分自身が全く知らない地域で暮らしたり、商売をしたりする時には、相当な不安があり...

  2. 自分で修理で節約

    さてさて、先日は屋根の修理を自分たちでするという節約生活をお話いたしましたが...

  3. setsuyaku

    節約って、簡単のようでも結構難しいですよね。今私が住んでるいるアラスカは物価...

  4. ハウスクリーニングを頼むメリット。

    ハウスクリーニングは、家の中の掃除を、専門の業者に頼んで行ってもらうサービスです...

  5. カードの秘密

    インターネット通販で大活躍のクレジットカードですが不正利用防止のための様々な工夫...

  6. 強引な取りたてはどこまで許されるのか

    新聞の宣伝チラシ、電柱に張り付けられた広告やDMなどで「債務の効率化任せなさい」...