ホーム > 経済 > 就職活動を始めるにあたって。

就職活動を始めるにあたって。

【知っておきたい】大学卒業時に新卒からいきなり外資を目指す人もいないわけではないが、本当によく見られるのは日本の企業に勤務してから大体30歳前後で外資系企業に転職というパターンなのです。
【就職活動のために】大事な忘れてはいけないこと。応募先を選ぶ場合にあくまでもあなたの欲望に忠実に選ぶことであり、どんなことがあっても「自分のほうを会社に合わせよう」なんて馬鹿なことを思ってはうまくいかないのです。
【就職活動のポイント】選考試験の一つに応募者だけのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を実施している企業は多くなっている。会社サイドは面接だけではわからない個性や性格などを見ておきたいというのが狙いである。
【ポイント】電話応対は面接試験の一環と認識して対応しましょう。しかし逆に見れば、その際の電話対応やマナーが相手に合格であればそのことで評価が高くなるということ。
せっかく就職しても、選んだ会社を「イメージと違う」あるいは「こんな会社にいたくない」ということを考えちゃう人は、いくらでもおります。
一般的には、人気のハローワークの推薦で就職決定するのと世間でいうところの人材紹介会社で就職を決めるのと、双方をバランスを取って進めるのがよい案ではないかと感じられます。
就職できたのにその企業について「思っていたような職場じゃない」場合によっては「ここをやめて違う会社に行きたい」そんなことまで考えてしまう人は、売るほどいるんです。


関連記事

  1. 就職、転職するときに気をつけたい敬語とは。

    同業者の人に「家族のコネのおかげでシステムエンジニアだったけれど転職してました。...

  2. 就職活動を始めるにあたって。

    【知っておきたい】大学卒業時に新卒からいきなり外資を目指す人もいないわけではない...